MENU

HF8R Coreレッドレンザーの新型ヘッドライトをレビュー!新機能とH7R Coreとの違いもご紹介!

工場やアウトドア、災害時に大活躍するヘッドライト。

ヘッドライトのトップメーカー「レッドレンザー」から新型のヘッドライトHF8R Coreが新登場!

今までのヘッドライトとの違いが気になりますよね??

実際に使用したレビューと合わせて詳しくご紹介します(*^^)v

新型!
詳しく聞きたい!

Yama

新機能が装備されたHF8R Core!
詳しく紹介するよ!

このような事がわかります
  • レッドレンザーって?
  • HF8R Coreの性能、旧型との違い
  • HF8R Coreの使用レビュー

このような事がわかります(*^^)v

今回ご紹介するヘッドライトHF8R Coreです。

リコメン堂生活館
¥14,509 (2024/05/18 18:35時点 | 楽天市場調べ)

レッドレンザーの旧型ヘッドライトを詳しく知りたい方や
高性能ハンディライトの情報を知りたい方は関連記事をチェック!

menu

レッドレンザー

レッドレンザー本社
レッドレンザーの歴史|Ledlenser(レッドレンザー)公式 – レッドレンザー公式オンラインショップから引用

レッドレンザーはドイツで生まれたライトのメーカー!

確かな性能と強固なつくりまた使いやすいデザインのライトを販売するトップメーカーです。

トップメーカーが手掛ける最新のヘッドライトが今回ご紹介するHF8R Coreです(*^^)v

レッドレンザーHF8R Coreの性能

レッドレンザーHF8R Core
Ledlenser HF8R Core |ヘッドライト|レッドレンザー公式 – レッドレンザー公式オンラインショップから引用

HF8R Coreをの性能を詳しくご紹介します!

最新の技術が詰め込まれたレッドレンザーの本気を感じて下さい(*^^)v

アダプティブライトビームモード

HF8Rにはアダプティブライトビームモードと言うモードがあります。
アダプティブライトビームモードは、自動で光量とフォーカスを調節してくれる機能。
どんな環境でもぴったりの光量に自動調節してくれるんです!
作業現場やアウトドア時にハンズフリーで光の量が自動でコントロールされるのは嬉しいですよね。

実際にどのような動きをするのか

アダプティブライトビームモード
遠くを見る時

遠くを見る時は、光量を上げて焦点を絞り遠くを照らします。

近くを見る時

光量を絞りワイドに照らします。

いちいち操作しないでいいのは楽ちんだね!

3つの点灯モード

HF8Rは3つの点灯モードを選べます。
ローパワー→ミドルパワー→パワー。
自動で光量を調節もできますが、手動にも対応!
※操作をせずに5秒以上経過し、再びスイッチを押すと消灯(メモリー機能が作動)。

メモリー機能

メモリー機能により、光量など最後の使用時設定が記憶されスイッチを押すと再開。

ブーストモード

すばやく2回スイッチを押すと、最大ルーメンのブーストモードが10秒間発動します。ブーストモードはどの点灯モードの時でも、消灯していても発動。

デジタルアドバンスフォーカスシステム

特許出願中のデジタルアドバンスフォーカスシステムをいつでも使うことができます。
フォーカスホイールを使ってご自身でヘッドランプを操作し、スポットとワイドを無段階に、シームレスに変更することができます

赤色灯

HF8Rはフロントライトに赤色灯も付いているのです!
ライトの色を変えるにはスイッチを2秒間長押しするだけ!
白色灯から赤色灯へ、もしくはその逆に変化します。
消灯時にスイッチを2秒間長押しすることで直接赤色灯が点灯し、ナイトビジョンとして使用できちゃいます!

フロントバッテリー

HFシリーズはフロントバッテリー型なので後頭部のバッテリーボックスやケーブルの煩わしさもありません。

バッテリー内蔵なので取り外して持ち運びのライトとしても使用可能!

レッドレンザーHF8R Coreの旧型(H7R Core)との違い

HF8R Coreと旧モデル(H7R Core)の違いを徹底比較しました!

HF8R Core
HF8R Core
レッドレンザーHPから引用
H7R Core
H7R Core
レッドレンザーHPから引用
比較
スクロールできます
比較内容HF8R CoreH7R Core
本体寸法(mm)W93×H52×D43(ヘッド部)W70×H41×D51(ヘッド部)
本体質量(g)約194(電池含)約259(電池含)
光束(lm)ブースト:1600 / パワー:900 / ミドル:300 / ロー:20ブースト:1000 / パワー:600 / ミドル:200 / ロー:15
照射距離(m)ブースト:210 / パワー:200 / ミドル:100 / ロー:25ブースト:250 / パワー:200 / ミドル:100 / ロー:25
点灯時間(h)ブースト:- / パワー:3.5 / ミドル:10 / ロー:90ブースト:- / パワー:4/ ミドル:8 / ロー:65
ライト機能ブースト、パワー、ミドルパワー、ローパワーブースト、パワー、ミドルパワー、ローパワー
充電池容量(mAh)37004800
バッテリー本体一体型分離型

基本性能はどちらもいい所もありって感じですね!

しかしHF8R Coreは自動フォーカスやバッテリー一体型になっている所が非常に使いやすく購入するならHF8R Core一択と思います(*^^)v

基本性能は確かに!

Yama

新しい新機能が使いやすいから買うならHF8R Coreですね!

レッドレンザーHF8R Coreの使用レビュー

実際に使用した感想をお伝えします!

HF8R Core

開封しました!
さっそくいい所と、気になった所をご紹介します!

HF8R Coreのよかった所

バッテリ内蔵

バッテリーが本体に内蔵されているのでコンパクトで使いやすい!

自動フォーカス

自動フォーカスも遠くを見ると自動で照明が切り替わり非常に便利!

フリーハンド

今までのヘッドライトでは作業ごとに明るさを調節する場合が多く作業を中断して光量を調節していたのですが自動フォーカスなので調整することがないのが便利!

自動フォーカスは神!

HF8R Coreの気になった所

バッテリーが一体型

旧型(H7R Core)はバッテリーが分離型なのでヘルメットの前にライト、後ろにバッテリーを取り付けるので前後のバランスが取れていたのですがHF8R Coreは前部だけになるのでヘルメットが前に傾きがちになります、ヘルメットをしっかり締めてずれないようにしましょう!

価格が高い

価格が高く旧型(H7R Core)より6,000円ほど高くなっています。しかし6,000円多く出す価値は十分にあると思います(*^^)v

充電が特殊

充電方法が「マグネティックチャージシステム」と言うシステムを採用しています、不便ではないのですが専用の充電器がないと充電できないのは不便と感じました。

ヘルメットに取り付けた時のバランスが気になるよね。

Yama

機能は十分すぎるのですが取り付けた時のバランスだけが気になりますね!

\ HF8R Core詳細はこちらで確認 /

購入はお得なネットから(*^^)v
定価は¥17,600(税込)
Amazonなどで購入すれば¥14,510(税込み)で購入できます。

リコメン堂生活館
¥14,509 (2024/05/18 18:35時点 | 楽天市場調べ)

レッドレンザーHF8R Coreの必須付属品

ヘルメットクリップ
レッドレンザー ヘルメットクリップ 取り付け画像 – Bing imagesから引用

ヘッドライト単体で使用可能ですが、工場で使用する時ってヘルメットに装着するのですが、ヘルメットに装着するとベルトがすぐに外れてしまう( ノД`)シクシク…

そこで外れ防止のに最適なのがヘルメットクリップです。

写真はH7R Coreですが取り付けはHF8R Coreも同じです!

ヘルメットに取り付けて作業する場合の必需品ですのであわせての購入をおすすめします。

Yama

ベルトの外れを防止するのに必需品ですのであわせての購入をおすすめします!

まとめ

長く使用でき、使用している時も自動フォーカスでストレスなく使用できるのが非常に便利!

値段は高めですが、便利な機能が満載で作業性が上がります(*^^)v

使用中もストレスなく何年も使用可能な「レッドレンザーHF8R Core」でアウトドアや仕事を快適にしましょう(*^^)v

快適に仕事や趣味ができるね

Yama

値段以上の価値があるヘッドライト!
買って損はないですよ!

購入はお得なネットで(*^^)v

リコメン堂生活館
¥14,509 (2024/05/18 18:35時点 | 楽天市場調べ)

必須付属品もお忘れなく!

関連記事はこちらでチェック!

Xサーバー
総合評価
( 5 )

①独自ドメイン2つ永久無料

②初期費用無料

で月683円~使用できる!
お得にサーバーをレンタルするならXサーバーで決まり!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
menu